医療費を助けてくれる|不妊 の原因は両者にある|夫婦で受診しよう

不妊 の原因は両者にある|夫婦で受診しよう

医療費を助けてくれる

医者

大げさなことではない

ここ最近の晩婚化に伴い、不妊治療をしている人は少なくありません。それに伴い、不妊治療専門の病院も東京や大阪を始め全国に広がってきました。不妊治療と聞くと大げさに聞こえる場合もありますが、病院へ行って排卵日予想をしてもらうだけでも不妊治療と言います。病院で排卵日予想をしてもらい夫婦生活を営む治療をタイミング療法と言います。この方法は病院で行う最初の治療です。ここでうまく行かなかった場合は人工授精や体外受精、顕微授精と治療の段階が上がっていきます。それに伴い薬や注射、また費用など負担が大きくなっていきます。また中にはこれらの方法でも妊娠できない場合があります。手術が必要になる場合には医療機器が整っている東京や大阪にある大きな病院に行かなくてはなりません。

自治体に問い合わせを

高度不妊治療と呼ばれる体外受精や顕微授精、卵子や精子の提供は高度な設備を持っている病院でしか受けることができません。不妊治療の病院は増えてきたものの、まだまだ高度な設備を持っている病院は東京や大阪に集中しているのが現実です。そのため、高度な治療を受ける人は治療費のみならず場合によっては東京や大阪までの交通費まで高くなってしまう場合があります。また不妊治療は自費なので痛い出費ですよね。しかし不妊治療は自費ではありますが、医療費控除の対象になっています。また医療費控除は医療機関への交通費や薬代も対象に含まれています。さらに自治体によっては不妊治療に対し助成金が支払われる場合があります。一度調べてみてください。