不妊 の原因は両者にある|夫婦で受診しよう

妊娠したい人へ

看護師

なぜ妊娠しないのか

不妊とは、健康な男女が妊娠を希望し、避妊をせず性行為をしているにも関わらず一定期間内に妊娠しないことを指します。一定期間というのは年齢によって変わります。一般的には1年といわれています。不妊の原因は何なのでしょうか。まず女性が原因の不妊は、大きく分けて「排卵因子」「卵管因子」「子宮因子」「頸管因子」があります。排卵障害や卵管の閉塞、狭窄、癒着、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮頸管炎などです。しかし最も多いのは、原因不明の不妊です。その次に卵管因子、排卵因子と続きます。次に男性が原因の不妊は、「造精機能障害」「精路通過障害」「性機能障害」があります。精子の数が少ない、動きが悪い、精子の奇形、無精子症などです。

気をつけたいこと

これらのものは、病院で検査することで判明します。しかし最も多いのは原因不明の不妊です。自分たちにできることはあるでしょうか。まず、生活習慣を見直すことから始めましょう。食生活の偏りや睡眠不足、過度なストレスは不妊の原因になります。また、冷えも大敵です。生殖機能を低下させ、不妊症の原因になります。また、子宮筋腫や子宮内膜症、黄体機能不全などの着床障害や無月経などの排卵障害の原因にもなります。男女共通の原因としてはタバコや過度なアルコールの摂取も挙げられます。これらは精子の数の減少、動きの低下、奇形、また子宮着床障害、卵管障害の原因となります。まずは自分たちの生活を見直し、妊娠の妨げになることをしていないかチェックすることが大切です。自分で解決するのが難しいと感じる方は、迷わず婦人科に行くのがおすすめです。婦人科では不妊の原因を探り、生活改善のアドバイスをするだけでなく、様々な治療法を提示してくれます。不妊の程度によって治療法を異なるので、まずは診断を受けに行くことが大切です。

医療費を助けてくれる

医者

不妊治療は排卵日予想をしてもらうタイミング療法が第一の治療法です。その後人工授精や体外受精、顕微授精と段階が上がっていきます。段階が上がると東京や大阪などにある大きな病院へ行かなくてはなりません。また医療費も高くなっていきます。しかし各自治体では助成金や医療費控除があり、出費をサポートしてくれます。

もっと見る

高度な技術で不妊を解消

男性女性

体外受精は、体外で卵子と精子を受精させる方法を取り、受精卵を子宮内へ戻していく行為です。何らかの障害で体内での妊娠が難しい場合に取られる治療ですが、これによって妊娠に成功する人もたくさんいます。大阪にある不妊治療専門の病院でも体外受精は積極的に行われており、その実績から受ける人も増加傾向にあります。

もっと見る

女性の悩み全般を治療する

カウンセリング

大阪には婦人科が多く存在しますが、都市部と地方では特色が異なります。都市部の方が診療時間が遅いという特徴があります。婦人科が空いているとスタッフが余裕をもって接してくれるというメリットがあります。女医の方が人気ですが、医師との相性がよければ男性医師もよいでしょう。

もっと見る